このサイトは過去の開催の情報です。RubyWorld Conference 2016 の情報は こちら
en ja

今年で7回目となるRubyWorld Conferenceは、これまで同様に先進的な利用事例や最新の技術動向、開発者教育の状況などの情報を発信することで、「Rubyのエコシステム(生態系)」を知ることが出来る場として皆さんを招待いたします。

開催趣意書

お知らせ

一覧を見る

開催概要

期間
2015年11月12日(木) ・ 13日(金)
会場
島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」
3階 国際会議場
会場詳細
主催

RubyWorld Conference開催実行委員会

構成団体
  • (一財)Rubyアソシエーション
  • 島根県
  • 松江市
  • 国立大学法人島根大学
  • (独)国立高等専門学校機構 松江工業高等専門学校
  • (独)日本貿易振興機構 松江貿易情報センター(ジェトロ松江)
  • (公財)しまね産業振興財団
  • (一社)島根県情報産業協会
  • しまねOSS協議会
  • 経済産業省 中国経済産業局
開催テーマ
Rubyの「エコシステム」 ~Rubyの持続可能な生態系~
基調講演者

基調講演1:
『セカンド・システム・シンドローム』
まつもとゆきひろ ((一財)Rubyアソシエーション)

基調講演2:
『Principles of Play』
Linda Liukas氏 (「Rails Girls」創設者)

その他講演者
プログラム検討委員会において講演者を選定
※講演の一覧は プログラム でご確認いただけます。
来場者見込み
両日とも400名
入場料
5,000円/名
※但し、協賛企業様など一部の機関・関係者は無料枠あり